特徴
「L-PASS」はおでかけと消費意欲を刺激するUI/UXにより「移動総量」を増やすことで、まちなか振興と生活者の公共交通利用の行動変容を促す地域生活アプリ(生活者MaaSアプリ)です。
1

お出かけを促進するUI・UX

L-PASSはコンテンツを見ていて楽しいUIと、おでかけの目的を選ぶことから、公共交通を中心に提案される簡単な経路検索までユニークでシームレスなUXを提供し、利用者のおでかけ意欲を刺激します。
2

デジタル化されたクーポンや乗車券を簡単に入手

1つのアプリ内でお店で使ってお得なクーポンが手に入り、公共交通の乗車券も購入できてとても便利です。
3

利用データの収集と活用

L-PASSアプリ利用者のアプリの利用ログとGPSデータを収集します。収集したデータは公共交通の運行計画の見直しや店舗でのセールスプラン、さらに将来のまちづくりに活用できます。

●地域交通のニーズを共通化したシンプルなパッケージアプリ

国土交通省・経済産業省のスマートモビリティチャレンジ事業において大津市・新潟市・静岡市におけるMaaS実証実験を経験。このほか複数の交通事業者との対話を踏まえ、共通アプリを設計しました。

●拡張性、外部接続性を意識したアーキテクチャ

L-PASSはホワイトラベルでの提供となり、各地域でカスタマイズが可能です。地域のご要望により機能追加・外部サービスとの接続にも対応します。

●専門チームによる事業立ち上げとデータ利活用サポート

経験豊富なチームが事業の立ち上げを全力でサポートします。アプリデータの有効な利活用方法についても日夜研究しています。

●移動需要の喚起を重視したUI/UXデザイン

ルート検索やマップ画面から始まるこれまでのMaaSアプリとは異なり、移動目的の提案から始まるUI/UXです。「外出にワクワクが膨らむ」をコンセプトに、日常的に使ってもらえるデザインを目指しています。
機能
  • お出かけを促進するUI/UX
  • プッシュ通知
  • スポット
  • チケット
  • データ活用

お出かけを促進するUI/UX

ホワイトレーベル
地域や企業ごとに独自ブランド化が可能。
トップページ
移動の目的提案からスタート。経路検索までシームレスに提案。
カテゴリー
自由に設定可能。地域の特色に合わせてユニークなカテゴリを作ることも。
イントロ
アプリダウンロード後、初めて利用するユーザーに向けて、アプリの使い方を紹介。
おすすめ
アプリ内のコンテンツを、ユーザーの属性に応じて絞り込んで表示することが可能。
現在地から検索
ユーザーは、GPS検索で近くの店舗を検索することも可能。
新着通知
公開開始から1週間以内の情報には新着マーク(NEW)を表示。
ディープリンク
Web上にあるURLをクリックした際、アプリが自動的に開き、アプリ内の指定したページに遷移できる。
経路検索・時刻表の設定
経路検索や時刻表へのリンクを設置可能。

プッシュ通知

全体プッシュ通知
地域や企業ごとに独自ブランド化が可能。
ジオフェンス通知
指定した地点から半径数km以内に入ったユーザーにお知らせを配信。配信先のユーザーー属性も指定可能。
予約配信
7日先までの配信を設定できます。

スポット

店舗情報
店舗や会場の場所・最寄り駅・営業時間などを表示可能。
経路検索
GoogleMapが立ち上がり、店舗や会場の場所を表示。スムーズに行き方を検索できます。
ウェブビュー
店舗や会場の関連サイトをアプリ内でウェブサイトをそのまま表示。ブラウザ立ち上げも選択可能。
イベント情報
公開期間を設定して、開催場所や期間などを表示。スポットやクーポンとの紐づけも可能。

チケット

乗車券
一定期間繰り返し利用可能な有償チケット。乗車券のほかに、食べ歩きチケットなどにも。
デジタルチケット
1回のみ利用可能な有償チケット。有料施設や商品・サービスの利用チケットに。
クーポン
何度でも利用可能な無償チケット。1人あたり、1日当たりの最大利用回数も設定可能。
パッケージ
デジタルチケットを複数枚セットにして販売が可能。乗車券との組み合わせも可。周遊コースなどに。
QRコード読み取り
アプリ内でカメラを起動し、チケット利用の際にQRコードを読み取ります。利用実績を高い精度で取得できます。
タイマー
偽造防止のため、日付と現在時刻を時分秒で表示します。
スコアリング
ユーザーの利用状況に応じてスコアリング。スコアに応じてクーポンを出し分けることが可能。アプリ利用促進施策に。

データ活用

GPSデータ
ユーザーの移動データを取得可能。時間帯別の混雑傾向の把握などに。
※ユーザーの同意があった場合のみ
Google Analytics
ユーザーのアプリ利用状況を、Google Analyticsで確認。アクティブユーザーの計測が可能。
  1. TOP
  2. 特徴・機能